もったいないから生まれました

代表取締役会長 鎌田文生
生まれ変わった"端材"
"創造と革新と挑戦"が当社の理念です。
お恥ずかしい話、この商品開発は工程で余るバネへの
「もったいない」がきっかけでした。端材の行き場に
困り果て、その利用法を開発しようとしたのです。
「何か出来ないか?」様々なアイデアから、自分達が
感じる声に素直に耳を傾け、開発に踏み出しました。
暮らしの裏方である私たちの、新しいシンボルであり、
誇りを持って皆さまにお勧めしています。
現在は端材ではなく、製品としてゼロから生産し、
今度は皆さまの声を頼りに、日々進化させています。
カラス博士と開発しました
「ここは来ないで欲しい」
撃退ではなく意思を伝えたかった。
利口なカラスが理解出来るメッセージを送ることで、
カラスとコミュニケーションを図れる自然平和宣言が、
「いやがらす」だと思います。これまでもこれからも、
私たちは動物と共存しないとなりません。知恵比べをし
ながら 私たちも進化していかねばなりません。撃退や
虐待ではない、新しい戦い方をしないと、いつか動物は
人間だけになってしまいます。そんな「ときのこえ」的
な役割をこの商品は担っているのではないでしょうか。
こういう製品は増えていくべきです。

宇都宮大学 杉田昭栄教授
杉田 昭栄(すぎたしょうえい)
宇都宮大学教授 医学・農学博士

1952年 岩手県生まれ

動物をより理解できるよう動物の脳や感覚の研究を行う。
カラスの学習能力、記憶力、識別能力の解明も続けられ「カラス博士」と呼ばれている。
【主な著書】「カラスなぜ遊ぶ」「カラス−おもしろ生態と賢い防ぎ方」「カラスの自然史−系統から遊び行動まで」等

袋の中にカラスの大好物のドッグフードを入れて、いやが
らすの効果を実験しました。
こうしていやがらすは完成しました
効果の持続性の悩み、
景観の悪さの悩み、
それらを解決しました。
従来カラス除けでは解決出来なか
った問題へ正面からぶつかりまし
た。カラスの行動に反撃するので
はなく、カラスの習性に着目し、
本能的にいやがることを表現しま
した。そこがこの製品の新しいと
ころと言えます。
いやがらすの特徴へ

加藤博 様
栃木県在住
今後の新製品にも期待します
元々は柿木に取り付ける為購入しました。現在
は柿木から取り外し、とうもろこしと西瓜に対
策。西瓜は写真のように、ビニール対策ですが
カラスに突付かれてしまい、ガムテープにて補
強しました。商品を上部に設置したところカラ
スが来なくなりました。今後もジャガイモ・
とうもろこしで引続き効果を期待です。今年は
孫に西瓜を食べさせてやれそうです。
いやがらす設置アイデア集
ツバメ
春になるとかわい
い声を聞かせてく
れるツバメの雛も
カラスに狙われて
います。
いやがらすの種類へ
ゴルフカートタイプ登場
いやがらす煌き購入案内へ

バネはカラスの"天敵"です。
なぜ いやがらすは
カラスにいやがられるのか?
風になびく軽いバネ、乱反射、そし
て音、いやがらすは徹底的にカラス
に刺激を与えて慣れさせません。
利口さ故にカラスは怖がるのです。
いやがらすの特徴へ